CAROLINE WEAVER 日本語(JAPANESE)

The Lab Magazine、スティーブ・ウィリアムズ氏によるインタビューから抜粋しています。

Dead Man’s Hands、Razor Knuckles、Screamin’ Weaver、C-weed、Corpsie、Whale、Carebear

A:CAROLINE WEAVERは情勢のよくないサルビア旅行でゴールドドルフィンとチェーンスモークを手にいれました。彼女の作品は同じようなストーリーを描いています。 カナダ郊外に生まれイーストバンクーバーに住んでいますが、現在は動物園で勤務しているとても元気で魅力のある女性で、もし彼女と話したら、話上手なト ラックドライバーみたいにあなたが笑いすぎて泣いてしまうほど楽しませてくれるでしょう。

A: 彼女は独学で学び、カナダ中で数々の作品を公開してきました。彼女の作品はまもなくPortland、GuadalajaraそしてMonterreyで展示予定です。Razor Knucklesと彼女のトークは野生の動物のようにヒートアップしていきます。

S―あなたが芸術を学んだきっかけは何だったんですか?

 

C― 以前はいつも瞑想にふけっていたけ今はやめたことかしら。私は自分をモチーフにすることはないんけど、その当時のボーイフレンド達はいつも質問してきた の。何でこれを描いたの?」でも私は「何でもない」って言ったけど。でも実は、彼らをモチーフにしていたの。ネズミや犬に置き換えて表現して。とくにわる 気はなかっただけどね。

 

インタビューの全文(英語)を読むには、こちらをクリックしてください。