KATINA HUSTON 日本語 (JAPANESE)

私のゴールは、普段はあまり主役にならない実在するものを忠実に描くことです。
人々が体験するものを形作る方法で。具体的には、経験したものをどのようにして情報として蓄積させるか—これがポイントです。あるときは、その真意を出来事を通して明らかにし、またあるときはそこに目的が与えられます。普段主役にはならならい部分を捉えることは、目を見張るほどの独特な遠近感を生み出し、記憶として定義され情報としてインプットされるからです。

だから、自転車の暗部を捉えることが優先テーマです。このテーマは6年間以上も全体的な抽象芸術のベースとして扱っています。キャンバスと一体化した自転車は造形美術へと変化し、動きときらめきが生まれています。キャンバスに並んでいるすべての自転車はユートピアになるのです

この他、作品の中では同じような単純な要素をみせながら、いろいろなスタイルで提案されています。

スタイルとしては、6つのそれぞれのアングルからほのかな明かりが差し込んでいる車輪を描いています。溶暗はイメージが明らかになるまで車輪を描き続けられました。

こ れらの作品を創り上げるために、複雑にからみながらミステリアスな雰囲気をかもし出し、いくつものアングルからキャンバスの一部に繰り返しマイラーをのせ ることに注目して、20の影を描きました。6フィートの自転車の絵は、インクがたまってつくられ、注がれ、どことなく親近感を与え、観者を誘い込みながら もスピークスの地質学の知識を語っています。液状のインクは蒸発し乾いたあと、輪を残します。たくさんのインクが創り出すものは、濃厚なインクからブラッ クライトに影響を与え、白いインクのたまりを取り澄ましたように生み出し、予想しえなかった物理的瞬間を創ります。そしてさらに、水溜りが低い地面へと流 れながら、暗闇のランダムな壁をつくり、乾いた壁は粉々に打ち砕かれています。このアートテクニックは、コントロールと偶然の可能性の間で作品に広く効果 をもたらしているのです。