LEAH ROSENBERG 日本語 (JAPANESE)

ROSENBERGの作品は、光と影の双対性を描いています。彼女のミックスされたメディアの一つ一つは一見ゆかいな砂糖菓子のようですが、厳しい現実をほのめかしています。心地よいものは近づくと、いつも暗い側面をのぞかせるからです。

アーティストメディアの周りには、断固としてゆずれない抽象的な境界性があり、
Leahはスパンコールやグリッターのような材料を取り入れます。彼女の材料の選択は、レイヤリングと喚起をさらけだすプロセスを組み合わせ、一風変わったノスタルジアと記憶と経験によって生み出された複雑な痛みを時々のぞかせているのです。

作品には、特に幼いころのイマジネーションの天然で一番美しいものとやがて将来に裏切られる挫折感が強く占められています。