RUI PIMENTA 日本語(JAPANESE)

Rui Pimentaの作品はJuried grouop showsや個展で展示され、さまざまは個人所蔵コレクションにも取り入れられています。

彼は2006 Toronto Outdoor art Exhibitionでメディアミックス特別賞を受賞し、2007 Ontario Society of Artists open juried exhibitionで最優秀賞に選ばれ、カナダ中心地域で開催された第1回2007 RBC painting competition でも最終候補リストに載りました。

彼は主にガラス、アクリル樹脂やワックスなどを、柔らかい創作{そうさく}材料と水をベースに透き通った表面に描きます。重層感、三次元構成、光と影を作品に映し出すとともに、全体構成に欠かすことのできない要素として包み込みこまれています。
“私 は、これらの創作材料とうまく融合させるために期待感をこめた様々な方法を使うことに魅了されています。作品を創り上げているときに特にかき立てられるの は、自分の意志で描いているのにもかかわらず、自分の意志を超越した独立心を表現することだからです。”計算されたものと創作活動と意義の両方に意表をつ くほど、最も裏付けられているものがこの駆け引きの中にあります。私は驚くほどに極めて優れた感覚があり、作品と自分自身に映し出された戸惑いと同じくら い完全に異色を表している何かをとらえられるからです。この能力の存在に想像力をかきたてられ、この異質に向かうことを設定課題とし作品に生かしました。 最終的に自分の抽象的な概念が備わってから、抽象美術をどのように理解するかが重要な課題です。

ポ ルトガルのリスボンに生まれのRui Pimentaはカナダのトロントに拠点を置き、創作活動を行っています。彼はトロントのYork Universityで哲学と人類学の学位を取得卒業したのち、The Toronto School of Artでも経験を積みました。2008年10月にMedian Contemporaryを共同設立し、専属アーティストを持ちながら総合メディアと新領域を見せることを指名とし、新しい創作材料とインスタレーション を基本とした企画をたてギャラリー/スタジオを運営しています。

彼はGallery Spinの設立者兼主催者でもあり、本格的に2009年夏より開催されたトロントのWest end gallery地区のアートギャラリー自転車ツアーの創立者でもあります。