STEPHAN REUSSE 日本語(JAPANESE)

拒 否反応を起こすものを実在しているように表現する上で、芸術はとても身近なものとして、芸術に対する目的とチャレンジ精神をもちつづけながら、画家たちは 自ら定めた境界線の中で提供していました。芸術が自然主義と現実主義としてお墨付きの局面を通り越したときでさえも、少人数のアーティストたちだけが経験 的実在を語り、多くの人々が存在を否定すべきだと言いつづけた有名な歴史家イポリート・テーヌの思想に共感していたのです。

彼らは自分たちの最終目的として、視覚の法則を分析し当てはめることが願いでもありました。でも、まっさらなキャンバス上で視覚のシミュレートを満足させることはできませんでした。西 洋文化の初期時代、彼らは精神的なものと抽象的な意味の両方で、人間の理想的な外見を賞賛しました。中期には、高潔な天の救世主にグラフィック様式を用い てまぶしいほどの色使いで地獄の拷問のような苦痛感を与えたのです。地獄の描写は、結果的には人々を納得させる多くの要因を含んでいました。おそらく、こ の時代の経験実在の証明は、画家のイマジネーションをおおいに刺激したことでしょう。支配者は婚約時に大使を送り込み、画家に従来の宮殿様式にふさわしい 花嫁の肖像画を描くように命じました。いかなる状況下であっても、画家たちは花嫁候補を忠実に描かなければなりませんでした。支配者たちも、忠実に肖像画を描くことができる画家がくることを望んでいました。

こ ういった肖像画には芸術的価値は見られません。ただ作品として残っただけです。イメージと実物の違いに疑問があるにもかかわらず、論争だけが横たわり、写 真には仮想世界の中で、伝統的な色の広がりと異なる技術がくわわったときに、モダニズムは始まりましたが、ポストモダン時代末期まで芸術価値がないものと して写真として考えるべきかあるかないか長い間論争が繰り広げらたからです。

オリジナルはKlaus Honnefの記述。
カタログ:Stephan Reusse „Works 2003-1982“
ISBN 3-902249-35-8