THIERRY FEUZ 日本語 (JAPANESE)

私の作品は最初に物質的なものとともに、ラジカルな挑戦と継続させるため、結合剤とラッカー画材として使い、なくなる限界まで突き進み続ける必要があります。
新しい意味とテーマを見つけることは、すべての表現媒体の可能性へ命を吹き込むために
許 されていることです。だから作品の中で表現したテーマたちは、将来性の観点から示される可能性によって、優先的に証明されました。確かに作品を読み取るた めの決まりはなく、はっきりとしたものもありませんが、観者とともに共有しようとしている先入観と戸惑いは、はっきりとそこにあります。

私 にとってNuit Blanche は時間の流れを失った無限空間の中の美しい世界と、恐ろしく取り留めのないほど素晴らしい世界、2つの意味を持っています。散光と花の息吹が芽生えるかど うかまだ確かでない薄暗い光で照らされ、遺伝子学的な試みと魅惑的な変化。それは生命の誕生とと無限大から無限小への形成、花火のように突然現れます。しかし エデンの園には隠された魅力があります。それは怒りと嘘のワナ、甘い蜜です。

無 法地帯(庭園、ひっそりとした道、谷間に吹き込む風)ツルと繭の絡まり、細胞と結晶—まさしく誕生の起源となった場所ではありませんか?世界は再生に入っ ていて、衰えることなく順調に流れています。そして視覚は雫のように素早く横切っています。この世界には不可思議なことがありますが、距離はきちんと保た れています。空気のように軽やかな透き通ったルネッサンスの景観にいるように。ここに世界と私たちが存在しているわけですから、寒色と素晴らしい姿への信 じられないような驚きを感じたことは、いつまでも忘れることなくとどめておきたいと思っています。

確 かに、作品の中には衝突の脅威になるものから離れているわけではありません。いつでも地殻の大変動は私たちに最初に見せていた美しく驚異的な景観(呼び起 こすもの)へと戻します。生命と死のサイクルは共に巡りまわっています。それがはかなさの象徴のように(Galileo)。もし自然が美と富を表している ならば、美と儚さは細い糸によって保たれています(Mistral)。まさにこの瞬間が、私にとって重要です。不安定なバランスの形と色、光と闇はいつで も簡単に破壊されるからです。

トーンの豊かさと重なりあったレイヤーによって、鮮やかな色彩は不安定な感情と同じ方向性で描かれます。絶景な視野、新しい展望は灼熱の太陽と海から流れてくる気流のもとで世界が形成されていくのを見つめています。